立春の意味や由来は?子供への簡単な説明は?2018年はいつ?

立春の意味や由来は?子供への簡単な説明は?
スポンサードリンク
この記事の所要時間: 629

立春って何?」「子供に立春をうまく伝えるにはどうしようかな?」子供への伝え方で、悩んでいる方いませんか?

まだ、かなり寒い2月上旬に「立春」がやってきます。

現在でもその時期は寒いのですが、昔も寒かったに違いありません。でもなぜ、まだ寒いのに立春というのでしょうか?

今回は、立春の意味や由来についてと子供への伝え方をまとめてみます。皆様の参考になればうれしいです。

2018年は、2月4日です。

立春の意味や由来は?

立春の意味や由来は?子供への簡単な説明は?

立春とは一年間を24に分けたときの、二十四節気の第一にあたります。

二十四節気については後程、詳しくご紹介したいと思います。

二十四節気は太陽の角度で決められており、太陽黄径が315度のときが「立春」ということになっています。

立春から立夏までの期間を「春」と呼び、立春の日は一年間の中で最も寒い日とされています。

また、春の一日目は節分とされています。

二十四節気の意味は?

まず二十四節気とはいったい何なのかということですが、これは春夏秋冬の四季をさらに六等分したもので、その区切りの日につけられた名前です。

元々、平気法や時間分割法では冬至を計算のもとにし、1太陽年を24等分した15日ごとに設けていました。

今では定期法が主流になり、春分点をもとに黄道を15度ずつ、24分点に分けてこの点を太陽が通り過ぎるときを、二十四節気としています。

各節気の期間は15日と決められていますが、毎年同じ日にちとは限らないので、カレンダーなどで確認することをおすすめいたします!

例えばカレンダーに2/4立春、2/19雨水と書かれてあれば、2/4~2/18が立春ということになります。それぞれの節気についてご紹介したいと思います。

  • 立春(りっしゅん) 2/4頃

    ⇒ 二十四節気のはじまりの節気です。暦上では春扱いとされ、決まり事などの基準になっていきます。旧暦では立春前にお正月があったので、立春は春の訪れと共に一年のはじまりでもありました。

    二月なのですが「春」という形になります。



  • 雨水(うすい) 2/19頃

    ⇒雪から雨に変わり、降り積もった雪が溶け出す頃、という意味を表しています。

  • 啓蟄(けいちつ) 3/6頃

    ⇒ 啓蟄の意味は土の中で冬眠をしていた虫たちが、地面に顔を出すことを表しています。生き物たちが活動を開始することを意味しています。

  • 春分(しゅんぶん) 大体3/21頃

    ⇒ 昼と夜の長さが同じくらいになる日です。

  • 清明(せいめい) 4/5頃

    ⇒ 万物がけがれなくいきいきしているという意味です。お花見シーズン時期ですね。

  • 穀雨(こくう) 4/20頃

    ⇒ 農作物が潤うことをさしています。

  • 立夏(りっか) 5/6頃

    ⇒ この日から立秋の前日まで暦では夏扱いです。

  • 小満(しょうまん) 5/21頃

    ⇒ 天気も気温もいい日が続き、草が生い茂るように成長するという意味です。

  • 芒種(ぼうしゅ) 6/6頃

    ⇒ 穀物の種をまき始めましょうという意味です。梅雨に入ってくる時期なのでムシムシする時期ですね。

  • 夏至(げし) 6/21頃

    ⇒ 一年で最も昼が長い日です。日本では梅雨と重なり日照時間が短いので、あまり感じることが出来ません。

  • 小暑(しょうしょ) 7/7日頃

    ⇒ 暑中見舞いを出す期間とされています。

  • 大暑(たいしょ) 7/23日頃

    ⇒ 夏が本格的にやってくるという意味です。

  • 立秋(りっしゅう) 8/7日頃

    ⇒ 暦では秋扱いです。立春を境に暑中見舞いから残暑見舞いに変わります。

  • 処暑(しょしょ) 8/23日頃

    ⇒ 暑い夏が収まってくるという意味です。

  • 白露(はくろ) 9/8頃

    ⇒ 草花に朝もやが付き始めるという意味です。

  • 秋分(しゅうぶん) 9/23日頃

    ⇒ 昼と夜の長さがほぼ同じになります。この日を境に日が短くなっていきます。

  • 寒露(かんろ) 10/8日頃

    ⇒ 冷たい露がおり始めるという意味です。

  • 霜降(そうこう) 10/23日頃

    ⇒ 早朝に霜が降り始めるという意味です。

  • 立冬(りっとう) 11/7日頃 

    ⇒ 暦では冬扱いになります。植物が枯れ始めてきます。段々と冬の準備が始まります。

  • 小雪(こゆき) 11/22日頃

    ⇒ 雪はまだまだ多くないという意味です。

  • 大雪(たいせつ) 12/7日頃

    ⇒ 本格的な冬のはじまりです。

  • 冬至(とうじ) 12/22日頃

    ⇒ 太陽が最も低い位置にあって、一年で一番夜が長く昼が短い日です。

  • 小寒(しょうかん) 1/5日頃

    ⇒ 寒の入りと言われ寒さの始まりを意味します。

  • 大寒(だいかん) 1/20頃

    ⇒ 二十四節気の最後の節気です。これを最後にまた次からは春になっていきます。

スポンサードリンク

子供への伝え方は?

お子様に伝える際には、簡単にわかりやすく伝えてあげましょう。

例)立春っていうのは春のはじまりの日だよ!カレンダーでは寒い冬が終わって暖かい春がやってくる日なんだよ。

まだお外は寒いけど春が訪れるんだよ。これから段々眠っていた虫さんたちが起きたり、お花が咲いたりしてくるんだよ。

春近づいてくるのは嬉しいよね!

とこんな感じでものすごく簡単に伝えてあげましょう。立春は一年の季節の最初と教えてもいいかもしれませんね。

春一番とは?

冬から春へ徐々に変わる時期に、暖かい南寄りの強い風のことをいいます。

日本海側で低気圧が発生し、南寄りの毎秒8メートル以上の風が吹いて、気温が上がる現象のことを言います。

竜巻が起こったりもするとても危険な天候な為注意が必要です。

春告げ鳥って何?

立春の意味や由来は?子供への簡単な説明は?

「ホ~ホケキョウ」と春になるとよく聞こえてくるあれが、春告げ鳥の正体です。

うぐいすは日本三鳴鳥のひとつでもあり、鳴き始める季節が2月から3月のはじめなので、早春の時期にあたるためこの名前が付けられてそうです。

意外にも驚きなのがうぐいすは、二月のはじめから八月の下旬ごろまで、鳴いているんだそうです。

夏まで鳴いているのは知りませんでしたね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、立春の意味や由来と、子供への簡単な説明についてお伝えしました。

毎年、この時期が来ると筆者は、雪がたくさん降ってくるイメージがあります。

暦の上では、春になりますが、実際は本当に寒いですよね。そんな寒い中、子供たちは相変わらず元気ですが、親はこたつで丸くなってばかりです・・・・。

立春の前日には、節分があります。節分に関するこちらの記事もおススメです!

寒い冬から、春のの訪れを教えてくれる昔からの教えなども、子供たちに教えられてらいいですね!立春が過ぎれば、もうそこまで春は来ています!春が待ち遠しいですね!

スポンサードリンク
立春の意味や由来は?子供への簡単な説明は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。