クリスマスツリー!飾りの本当の意味知ってた?

スポンサードリンク
この記事の所要時間: 631

クリスマスと言えば欠かせないのがクリスマスツリーです。

特に子供がいるご家庭では、
家族全員で楽しめる大切なイベントですよね^^。

しかし、子供は好奇心が旺盛で、ふとした瞬間に

クリスマスツリーってなぜ飾るの?
この飾りはどんな意味があるの?

なんて大人が答えづらい質問をどんどんしてきます^^;。

胸を張って答えられるように、
今からクリスマスツリーについて勉強しておきましょう。

今回は、クリスマスツリーの飾りの意味について調べてみます^^。

クリスマスツリーを飾る理由や由来とは?

クリスマスツリーの習慣はなんと、
キリスト教とは全く関係ない、
ドイツの土着の信仰が発祥といわれています。

キリスト教が広まる前、
ドイツ周辺の北ヨーロッパには、
カシの木を信仰する考え方がありました。

北ヨーロッパは、
バカンスの習慣があることから分かるとおり、
夏の期間が短く、冬は厳しい寒さです。

太陽の光が少ないこの地域では、
1年中青々としげるカシの木は、
永遠の命の象徴であったのです。

日本でいう御神木をイメージすると
わかりやすいかもしれませんね^^。

キリスト教が徐々にヨーロッパに広まっていく中で、
この地域はカシの木の信仰があったので、
キリスト教が受け入れられませんでした。

そこで、キリスト教はドイツ周辺の土着の信仰対処を、
カシの木に似ているもみの木にすり替えていきました。

もみの木は常緑樹で、ヨセフと聖母マリアを
ユダヤ王から守ったキリスト教と縁が深い木です。

三角形に枝を広げる特徴から、頂点をイエス、
底辺の部分を人間たちを表していると伝えました。

イエスと自分たちの関わりを表現していると、
カシの木からもみの木への信仰に変わっていくうちに、
キリスト教の普及が進んでいきました。

このドイツ周辺の習慣が世界各地に広がって、
クリスマスツリーを飾るようになったのです。

スポンサードリンク

クリスマスツリーの飾りの意味とは?

クリスマスツリーの飾りの意味は?2

クリスマスツリーには色とりどりの飾りをつけますよね。
お気に入りの飾りを見つけるのも子供の楽しみの1つです。

クリスマスツリーをより華やかにする飾りにも1つ1つ意味があります。
さっそく見ていきますよ^^。

◆ トップスター
クリスマスツリーには絶対欠かせない、
トップスターは飾りつけのハイライト。

子供が必ずと言っていいほど飾りたがりますよね^^。

トップスターはイエスが生まれたときに、
大きく輝いていた星のシュピッツェという星を表していて、
希望の星という意味があります。

賢者たちはこの星を目印に、
イエスが生まれた場所へと駆けつけたと言われています。

◆ リンゴ
アダムとイヴが食べた伝説があるリンゴは、
今でも知識の象徴として、クリスマスツリーに
飾られています。

赤が多いですが、金や銀色のものもありますし、
リンゴではなく玉を飾るケースもあります。

昔は冬にリンゴがなかったので、
リンゴをモチーフにした玉を飾ることも多いです。

◆ キャンディケーン
キャンディというと、球体の物が一般的ですが、
クリスマスの飾りに使うキャンディは、
特にキャンディケーンと呼ばれて、
羊飼いが使う杖がモチーフです。

キリスト教では「迷える子羊」などというように、
人々が羊に例えられます。

羊飼いとは、羊(人間)を正しく導く存在としてイエスを示しています。

つまり、羊飼いが使う杖というのはイエスを示しているのです。

◆ ベルや鈴
イエスが生まれたときには、誕生を報せるために、
喜びのベルが鳴ったと言われています。

現在では迷える子羊が、無事に神様のもとへ
帰れるようにとの願いを込めて飾る意味合いもあります。

◆ ヒイラギ
ケーキの飾りになっていることが多いヒイラギは、
日本でも節分などに魔除けの効果があるとされています。

イエスは処刑されるとき、十字架にかけられる前に
いばらの冠を被らされました。

キリスト教のヒイラギは、いばらを象徴しているのです。

ちなみに、ヒイラギの葉とセットになっている赤い実は、
イエスが流した血を表しています。

真っ白のケーキに緑と赤がカラフルでいいな、
と思っていましたが、意味を知ると、
イメージが湧いて食べづらくなるかもしれせんね。

◆ 靴下
靴下はイエスではなく、サンタクロースのモデルになった、
聖ニコラウスの伝説がモチーフになっています。

聖ニコラウスが冬が越せるかどうかというくらい、
貧しく困っていた家に金貨を投げ入れました。

この金貨が、たまたま靴下に入ったことで、
プレゼントは靴下に入っているという伝説が生まれたのです。

◆ リース
リースは輪の形状になっていて、
終わりも始まりもないことから永遠を象徴しています。

他にキリスト教では、イヴはアダムの肋骨から作られた
という伝説もあることから、カップルは強い絆で結ばれていて、
決して離れることができないと考えられています。

お互いの愛情や絆が永遠に続きますようにと願いを込めて、
永遠を意味するリースにリボンをかけるケースもあります。

◆ イルミネーションやキャンドル
クリスマスツリーにはライトも欠かせない装飾です。
町もクリスマスの時期になると
イルミネーションでキラキラと輝きだしますね。

イルミネーションやキャンドルのような光は、
救世主であるイエスが生まれて世界を明るく照らす様子を
再現しています。

昔は電気がなかったのでもっぱらキャンドルでしたが、
今は火事の心配がないライトの光で再現されています。

ただし、キリスト教ではおよそ4週間前から、
待降節というクリスマスの準備期間があります。

リースに4本キャンドルを立てて、
キリストの誕生を待ちわびて1週間ごとに
1本ずつ火を灯すのですが、
これには今でもキャンドルを使うケースが多いです。

◆ 天使
クリスマスツリーの頂点には大きな星を飾ることが多いですが、
場合によっては天使を飾ることがあります。

主にイギリスでトップスターの代わりとされることが多いです。

これは聖母マリアにイエスの受胎や、羊飼いにイエスの誕生をつたえた、
天使ガブリエルを表しています。

◆ 松ぼっくり
松ぼっくりは、聖母マリアと婚約者のヨセフを助けた、
もみの木のエピソードに由来しています。

救い主のイエスの誕生を知ったユダヤ王が、
イエスを殺そうと探し始め、マリアとヨセフは、
逃亡することになりました。

その道中でもみの木が「ここに隠れて」と言わんばかりに、
大きな枝でマリアたちを守ってくれたのです。

この勇者のもみのエピソードから、
クリスマスでは松ぼっくりが利用されます。

◆ クリスマスカラー
クリスマスカラーは赤、緑、白です。

赤はイエスが流した血を象徴しています。
私たちのために痛みに耐え、血を流したことから、
イエスの愛のシンボルにも通じているのです。

緑は厳しい冬でも葉を落とさない常緑樹から、
永遠の命を意味します。

白はイエスの清い心や純潔を表現しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか^^?

今回は、クリスマスツリーの飾りの意味について
調べてみました。

飾りもの一つ一つをみても、ちゃんとした理由や由来が
あるのが分かりました。

お子様と一緒に飾りつけをする際に、
説明も簡単に出来れば、理解しやすいのではないでしょうか^^。

ついキリスト教の大切な日ということを
忘れてしまいがちですが、改めてクリスマスツリーの意味を
見るとキリスト教に由来したものがほとんどです。

クリスマスに関連した必読の記事はこちらです(^o^)!

クリスマスの意味や由来は?子供への簡単な伝え方は?

2015.11.03

クリスマス!サンタクロースの由来やトナカイの名前は?

2015.12.18
日本では、クリスマスはロマンチックな雰囲気や、
サンタクロースから子供や恋人たちの
一大イベントとなっています。

欧米では、クリスマスは家族と過ごすというのが、普通です。

改めてクリスマスツリーを飾りながら
意味を思い出すとクリスマスへの考え方が
少し変わるかもしれませんね^^。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

奥さん・子供・かわいい犬の父親をやっています^^。 毎日の生活の中で、実際に子供からの突然すぎる質問や、聞かれて困った事をそのまま記事にしたり、好きな事を書いています。