敬老の日の意味や由来は?子供に簡単に教えましょう!

スポンサードリンク
この記事の所要時間: 536

敬老の日をどうやって子供に説明しようかな?」

子供に聞かれたら、どうやって答えますか^^?

筆者も「敬老の日」は、知っていますが、

実際、深く考えたこともありませんでした^^;

親や学校で、

おじいちゃんやおばあちゃんに感謝する日

位にしか思っていませんでした・・・。

子を持つ大人として恥ずかしいです・・・(+o+)。

特に由来などは、全く知りませんでした・・・。

今回は、小さなお子様を持つ皆様が

子供に簡単に説明できるように敬老の日の意味や由来について、

調べてみます^^。

敬老の日の子供への簡単な説明はコレ!

“敬老の日とは、人生の、先輩である、お年寄りを敬い、長寿を祝う日。”

つまり、お子様には簡単に・・・・

おじいちゃんと、おばあちゃんに、元気でいてね、いつもありがとう』って、言おうね。

一番わかりやすい説明だと思います^^。

忙しいご家族が多いとは思いますが、

この日だけでも、出来る限り一緒にいて、

おじいちゃんやおばあちゃんをお祝いする。

お子様の手作りのプレゼントを贈ったり出来ると

もっと喜ばれると思います^^。

お子さんには、このように説明出来たらいいですね^^。

敬老の日の由来は?

では、ここから大人の勉強の時間です。

もう少し詳しく見ていきますよ^^。

実は、二つの由来があると言われております

二つの由来

一つは、

聖徳太子が悲田院というお年寄りや体の不自由な人を救うための

施設を開いたというもの

二つ目は、

元正天皇が717年に「万病を癒す薬の滝」といわれていた、

岐阜県の養老の滝へ行幸し、

年号を「養老」に改元した故事にちなむというもの

この二つの由来ともあくまでも、

俗説」にすぎないみたいです^^;。

なので、実のところ、本当の由来は、

別にあるのかもしれません(+o+)。

次に、この二つの説を簡単に見ていきます。

聖徳太子の悲田院とは?

593年に、

聖徳太子が大阪の四天王寺に、四箇院の一つとして建てられたのが

悲田院〔ひでんいん〕」といいます。

悲田院(ひでんいん)とは・・・

身寄りのない老人、貧しい人や孤児を救うために作られた施設。

ちなみに「悲田」とは、

「慈悲の心をもって貧苦病苦の人を救えば、福を生み田となる」

という意味があります。

悲田院が作られたのが、9月15日

ここから、9月15日が敬老の日に選ばれたとも言われております

元正天皇の養老の滝

これは、孝子伝説からの話です。

美濃の国(現在の岐阜県)に、

源丞内(げんじょうない)という貧しい若者がいました。

丞内(じょうない)は、老いた父を家に残して山へ薪(まき)を拾いに行き、

それを売って米や父親のための酒を買うのが毎日の日課でした。

彼は、きこり(樵)でした。

ちなみに彼の父は、目が不自由でしたが、

唯一の楽しみはお酒でした^^。

ある日、丞内が山の中で転んで眠ってしまったところ、

夢の中でお酒の匂いがしました。

そして目がさめると、お酒が湧き出る泉が近くにあり、

丞内はさっそく、父にその酒を与えました。

すると父の目が見えるようになったそうです。

この事から、お酒の泉は、

不自由な体を直すということで有名になりました。

このお話が、当時の元正天皇の耳に達し、

実際にその場所に来られ沐浴をされたそうです。

その効果を実感した元正天皇は、のちに

丞内を、美濃の守に任ぜられました。

という話から由来しています^^;。

少し長くなりましたが、

このお話が、敬老の日と結びつくのは、

元正天皇が美濃国(岐阜県)に出発したのが、

9月中旬だったそうです^^;。

この事から、9月15日を敬老の日にしたと言われています。

ちなみに元正天皇が沐浴(もくよく)したのは、

近くにある「菊水泉」という泉といい伝えられています。
スポンサードリンク

敬老の日とは?

上記2つの由来が日にちに関する話です。

では、実際の敬老の日が作られるまでを見ていきます。

実際の由来^^;?

もともとこの「敬老の日」は、

兵庫県の多可町という町で行われていた

「としよりの日」という、敬老会が起源だとされています。

昭和22年9月15日、

当時、野間谷村(現在は合併して多可町になっています)の村長だった門脇政夫氏が、

「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村づくりをしよう」

と、村のお年寄りを集めて敬老会が行われました。

この敬老会は、農閑期に当たる9月中旬の15日と決めて開催。

そして、その日からこの敬老会を「としよりの日」と呼ぶようになり、

これが、のちの昭和41年に、「敬老の日」として、国民の祝日となるのです。

敬老の日と決まるまで

敬老の日」という名称に落ち着くまでには、

長い期間を要します。

1951年に、中央福祉協議会が、

「としよりの日」と定めましたが、

この名称に各地で議論がおこりました。

結果、1965年に現在の「敬老の日」となります。

敬老の日は、1965年に、

多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」と、

法律で定められました。

長寿のお祝いは何がある?

敬老の日 由来

敬老の日をだいぶ理解していただけたかと思います。

お祝いするついでに長寿のお祝いも覚えておくといいですね^^。

数え年賀寿 ・ お祝い名称お祝い色由来
61歳還暦祝い年女年男は12年に1度まわってきますが、
生まれ年の、干支に戻るのは満60歳の時。
暦が還ってくるまで長生きできたことを
祝うのが還暦です。
70歳古希の祝い唐の詩人・杜甫の、
「70歳まで生きるのは稀である」と、いう詩に
由来した長寿祝いです。
この詩が詠まれたのは、1300年も昔のこと
ですから、70歳まで、長生きする人は、
かなり少なかったのでしょうね。
77歳喜寿の祝い紺、紫「喜」をくずして書くと「七十七」と、読めることに
由来した長寿祝い。
この頃には「また年をとってしまった」と、
思うより素直に長生きの喜びをかみしめる方が
増えてくるようです。
80歳傘寿の祝い黄、紫傘の中に、「八十」が隠れていることに、
由来するお祝い。
傘寿を迎えた方が周りの人に、
太白餅を配る習慣も残っています。
88歳米寿の祝い黄、金「お米を作るには88回の手間がかかる」と
いわれますが、米の字には「八十八」の
数字が隠されています。
これが88歳を米寿としてお祝いするように
なった由来。
一般的には、お米の色にちなんだ物を、
贈ると縁起が良いとされています。
90歳卒寿の祝い黄、金、紫卒の略字「卆」が、九十と読めることに
ちなんだ90歳を祝うお祝いです。
米寿のすぐ2年後というのもあり、
特別に盛大なお祝いをする地方は少ないようです。
99歳白寿の祝い百という字から、一を引くと白。
百歳まで、あと1歳というところまできた
99歳のお祝いが白寿です。
100歳百賀の祝い特になし文句なしにおめでたい百歳のお祝い。
今の日本にはめでたく、
百寿を迎えた方が、6万人近くいらっしゃるそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか^^?

今回は、敬老の日の意味や由来

子供への簡単な説明の仕方についてまとめてみました。

おじいちゃんやおばあちゃんも、

元気でいてくれる間に感謝を表し、「ありがとう」とお伝えください^^。

また日頃の感謝をこめて、

お子様と一緒に簡単なプレゼントを作って、

贈るのもいかがでしょうか。

すごく喜ばれると思います^^。

敬老の日の子供からのプレゼントについては、こちらを一読してください^^!

敬老の日の手作りプレゼント!子供や孫から貰って嬉しいオススメ3つ!

2015.08.05

平均寿命が伸びている現在では、

60歳で還暦祝い(長寿のお祝い)というのは、

逆に怒られちゃいますよね(*^_^*)。

いつまでもお元気で!」という意味合いで、

にぎやかにお祝いするのが良いと思います\(^o^)/。

皆様の参考になれば、嬉しいです^^。

今年の敬老の日も素敵な一日にしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

奥さん・子供・かわいい犬の父親をやっています^^。 毎日の生活の中で、実際に子供からの突然すぎる質問や、聞かれて困った事をそのまま記事にしたり、好きな事を書いています。