夏バテの症状かも?原因は?簡単に出来る対策は?

スポンサードリンク
この記事の所要時間: 541

もうかなり暑くなってきました(+o+)。
蒸し暑いですし、昼間なんて外には出たくないほど。

「もしかして、もう夏バテ?」

なんて事を感じている方もいらっしゃるかも知れません。
なんとなく体調が悪いことを、「夏バテ」と呼びますが、
これは特定の原因や症状があるなど、
はっきりした病気ではありません^^;。

疲れがとれないなぁ~
イライラするなぁ~
食欲ないなぁ~
など・・。

皆さん一度は感じたことがあるのではないでしょうか?

毎年、この夏バテで弱ってしまう前に、
その原因や自分で出来る簡単な対策
調べてみました(^o^)。

夏バテの原因とは?      

まずは、夏バテの原因を探りますと・・・

① 自律神経の乱れ
② 水分不足
③ 胃や腸の働きの低下

上記3つが大きな原因となっています。

自律神経の乱れ

人間の体は、うまく出来ていて、
周りが暑くなると、汗をかいたり、
血管を広げて体温を逃し暑さに対応します

この体温調整は、
人間が持っている自律神経の働きによって行われます。

暑い

クーラーをかけよう

急に冷たくなる

しかし体が気温調整についていけない

体温調整がうまく出来ない

自律神経が狂う

これの繰り返しにより、自律神経が乱れていきます。
特に一番の原因になるのは、冷房です。

暑い外から戻って、冷房の効いた部屋に入っても、
体はすぐに気温の変化についていけませんので、
本来なら熱を放出する必要のない環境で、
しばらくは熱を放出してしまうことになります。

今度は、温度が下がったことに気づいた自律神経は、
あわてて熱の放出をやめます。

これを一日に何度も繰り返すことにより、
自律神経自体が疲れ、負担がかかってしまうことになります。

これがどんどんひどくなると、めまい、
食欲不振や頭痛などを引き起こすことに繋がるのです。

あとは、湿気も原因の一つとされています。

例えば、カラッとした、ハワイや、オーストラリアなどは、
夏バテが起きにくいです。

なぜなら、湿度が低いと汗がちゃんと蒸発し、
体温調整がしやすい環境なんですよ^^。

水分不足

体の中から熱を放出する為の「」は、
その元となる「」が必要です。

汗をかくことにより、
体の中から熱を放出しないと体温が下がりません

日本の夏では、1日2~3リットルの汗をかきます
これを補うだけの水分補給をしないと、頭痛、鼻水、むくみなどを発症、
ひどい時には下痢や嘔吐などの症状がでる場合もありますので、
こまめな水分補給が必要です。

胃や腸の働きの低下

外が暑くなり、体の中の温度が高くなると、
胃腸への血流が少なくなってきます。

また、汗をかくと体の中の塩分が不足して、
胃酸も減ってきます

この状態で冷えたジュースやビールを飲むと、
胃をこわしたり、下痢を起こしたりする可能性があります。

そして、胃腸の温度が下がり、
消化器官内の働きも低下してしまいます。

さらに、自律神経の乱れにより、
胃腸の働きがおちてきます。

胃腸の働きが落ちると、
♦ 体力は減少
♦ 疲れはたまる

ますます自律神経の働きが悪くなります(+o+)。

まとめますと、
自律神経の乱れ ⇒ 胃や腸の働きの低下 ⇒ 体力の低下
これが繰り返し起こる事で、夏バテがどんどんひどくなっていくのです。

スポンサードリンク

夏バテの症状は?

夏バテの症状はさまざまです。
症状の例をあげますと・・・・

♦ 全身の疲労感
♦ 倦怠感
♦ 無気力になる
♦ イライラする
♦ 熱っぽい
♦ 立ちくらみ・めまい・ふらつき
♦ むくみ
♦ 食欲不振
♦ 下痢・便秘。

特に下記の方は注意が必要です

♦ 幼児 ⇒ 体の調節機能が未熟の為、脱水症状を起こしやすい。
♦ お年寄り ⇒ 熱中症(日射病と熱射病)を起こしやすい。
♦ 胃腸の弱い人
♦ 虚弱体質の人
♦ 自律神経の調節機能がうまくいっていない人
♦ 神経質の人
♦ 環境の変化に過度に反応してしまう人

病院ではどんな治療をするの?

まず問診で、患者さんの症状や状況などを聞き、
夏バテなのか、他の病気によって症状が起こっているのか」を、
検査します。

検査結果によって、他の病気ではないことが確認され、夏バテと診断されたら、
患者さんの症状に応じて治療を行っていきます。

■ 点滴をする
①脱水症状を起こしている場合。
②食事から栄養補給ができない場合に、ミネラルなどを補給。

■ ビタミンなどの補給
 食欲不振の為に十分な栄養が摂れず、
 体のだるさや疲労感などを訴える場合は、
 炭水化物を効率よくエネルギーに変える効果などがある、
 ビタミンB群などのビタミン剤を処方します。

■ 夏バテの原因を、取り除くための生活指導
 環境(エアコン)や、食事、睡眠、運動など、
 夏バテを予防する、生活法を指導します。

お医者さんで出来る事を確認したら、
普段の生活習慣から自分で出来る夏バテ対策を見てみます^^。

夏バテを乗り切る簡単な対策は?

夏バテの症状かも?原因は?簡単に出来る対策は?2

夏バテを予防するには、規則正しい生活を送ることが何よりも大切です。
自分ひとりでも簡単にできる対策をまとめてみます^^。

■ 食事
 朝食を食べること。
 できる限り3食きちんと摂るようにする。

こちらの記事も一読ください!

夏バテ予防の食事は?オススメの食べ物や食材は?

2015.07.01

■ 睡眠
 夜ふかしはせず、たっぷり眠る事。
 疲れを翌日に持ち越さないようにする。

■ 運動
 適度な運動をする事。
 生活にリズムをつけ、自律神経の働きを
 整える効果が高いとされています。

 ストレス解消につながる。
 食欲増進にも有効。
 朝や夕方の涼しい時間帯に、ウォーキングや、
 ラジオ体操などの軽い運動がおすすめ。

■ 水分補給
 のどが乾く前に、こまめに補給すること

■ 入浴
 ぬるめのお湯にゆっくり入る事。
 ⇒自律神経の働きを整える。
 ⇒心身ともにリラックスさせる効果が高い。

上記となります。
すごく基本的な事ですし、誰にでも比較的簡単に出来るのではないでしょうか^^。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、夏バテの症状の原因や簡単に出来る対策をまとめてみました。

■ 夏バテの原因は
① 自律神経の乱れ
② 水分不足
③ 胃や腸の働きの低下

■ 簡単に出来る対策は
① 食事 → きちんと3食とること
② 睡眠 → たくさん眠る
③ 運動 → 軽い運動をする
④ 水分補給 → こまめに補給
⑤ 入浴方法 → ぬるま湯でゆっくりと

日ごろの生活を少しだけ見直す事で、夏バテ対策になる事が分かりました。

生活習慣から夏バテを見直しましょう!

夏バテの原因や症状は?簡単チェックで生活習慣を見直し!

2015.07.13

皆様も、今から夏バテを知り、体調を整えることはもちろん、
真夏を乗り切る上記の方法などで、この夏を健康で元気にすごしましょう(^-^)。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

奥さん・子供・かわいい犬の父親をやっています^^。 毎日の生活の中で、実際に子供からの突然すぎる質問や、聞かれて困った事をそのまま記事にしたり、好きな事を書いています。