バーベキューコンロ!卓上グリルのオススメは?煙少ない?

スポンサードリンク
この記事の所要時間: 334

バーベキューは大好きだけど、道具を準備するのがちょっと
面倒くさいなぁとか思う方、多いと思います^^;。

特にコンロ。

一番かさばるし、
後片付けが面倒くさいし(@_@;)。
火を興すのが大変(+_+)!
あと、煙も気になりませんか?

筆者もBBQ大好きなんですが、準備が少し面倒くさかったり、
煙もちょっとなぁと感じてるんです。

それでもバーベキューが大好きだから、
もっと気軽にできるといいのになぁなんて、
思った事が多々あります。

ちなみに筆者は食べる専門です(笑)。

そう、BBQ好きにとっては、毎日バーベキュー
でもいいくらいですよね^^。

調理の際に、フライパンや鍋を使いますが、
同じように気軽に使えるバーベキューコンロ
あればいいななんて思っちゃいます。

で、気になってしまい、
色々探してみたところ、ありました^^!
買ってさっそく使ってみました!

今回は、
バーベキュー大好きだけど、準備などが億劫に感じる方や、
気軽にバーベキューが出来るコンロをお探しの方の為に、

♦ 気軽に準備も出来る!
♦ 片付け楽ちん!
♦ 小さくてコンパクト!
♦ でも、気軽にバーベキュー!

を満たす、卓上コンロを1つご紹介します^^。

ドウシシャ homping 炭火パワーグリル 

筆者がこちらを選んだ理由は・・・^^?

♦ コンパクトで小さい!
⇒重さ:4KG サイズ:36x36x15(単位はセンチ)
 なので、持ち運びが楽ちん

♦ 火をおこすのが簡単!
⇒収容ケースに着火剤を入れ、風を送るつまみを調整し、
 炭入れをセットしたら、簡単に炭に着火します^^。

♦ 煙が少ない
⇒炭に入れるケースには蓋がついており、
 直接炭に肉の脂などがおちませんので、
 通常のバーベキューコンロに比べると、
 煙の量がかなり少ないです^^。

♦ キッチンのシンクで洗える
⇒サイズが小さいので、シンクでも洗えます^^。
 焼き網もテフロン加工で、ほとんど焦げ付かず、
 汁受けのみずを捨てて、炭を処理して終了します。
 焼き網と炭入れ付近以外はほとんど熱くならない為、
 片付けもすぐできます^^。

♦ 炭の量が少なくて済む
⇒炭のサイズにもよりますが、おそらく、切り炭であれば
 5つほどで十分。燃料の節約ができます!

♦ 場所を選ばない
⇒小さいですし、煙もあまり出なかったので、
 家の中でも使えて、もちろん外でも使えて、
 雨の日でも使えるのがいい^^!

♦ よごれない
⇒炭入れにいれるだけですので、ほとんど汚れる事がないです。

本当に楽でした^^!

スポンサードリンク

デメリットはないの?

はい、あります^^。
ちゃんと書いておきますね。

♦ 香ばしく焼く事が出来ない。
⇒炭火+網で焼くと臭いが香ばしく、
 おいしそうな臭いがするのですが、それが出来ない。
 その代わりジューシーには焼けます!

♦ 焼き網が山型になっている
⇒貝を焼くときは難しいです^^;

♦ 大勢では出来ない
⇒サイズが小さいため大人数では、量が足りないです。
 こじんまりと4~5人ほどが適しているのかなぁと思います。

そんなところでしょうか。
あまりデメリットは感じませんでした^^;。

まとめ

いかがでしたでしょうか^^?
使用感は間違いなくいいです!
バーベキューの準備などが億劫に感じる方や、
気軽にバーベキューが出来るコンロをお探しの方にはオススメします^^。

もう一度ポイントをまとめておくと・・・・

メリット
♦ コンパクトで小さい!⇒運びやすい
♦ 火をおこすのが簡単!⇒時間がかからない
♦ 煙が少ない!⇒近所迷惑にならない、臭いつきにくい
♦ キッチンのシンクで洗える!⇒小さい、持ち帰って洗える
♦ 炭の量が少なくて済む!⇒燃料の節約
♦ 場所を選ばない!⇒家の中、雨の日もバーベキュー可能
♦ よごれない!⇒炭入れに入れるだけ

デメリット
♦ 香ばしく焼く事が出来ない⇒炭火焼の香ばしさはない
♦ 焼き網が山型になっている⇒貝を焼くには一苦労
♦ 大人数では足りない⇒ちいさいから

以上になります^^。

やはり炭火でガツンとBBQしたい方、初心者の方や女性でも
気軽に扱えるコンロならこちらを一読してみてください!

バーベキュー!おすすめのコンロは?初心者にはコレ!

2015.03.01

皆さんもぜひバーベキューを楽しんでくださいね~\(^o^)/。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

奥さん・子供・かわいい犬の父親をやっています^^。 毎日の生活の中で、実際に子供からの突然すぎる質問や、聞かれて困った事をそのまま記事にしたり、好きな事を書いています。