菜の花の栄養や効能?がん予防やダイエット効果のある成分とは?

菜の花の栄養や効能?がん予防やダイエット向けの効果のある成分とは?
スポンサードリンク
この記事の所要時間: 458

菜の花って食べれるの?」

以前に、道端に咲いている菜の花を見て、

子供から聞かれました^^;。

食べれるよ~って返事をしたものの、

どんな栄養があるとか全く知りませんでしたので、

おいしいんだよとしか伝えられなかった記憶があります。

春先から四月のはじめの短い間ですが、

おいしく食べられるのが菜の花ですよね。

あの独特な苦みが大人な味で、

とてもおいしいです。

筆者は大好きです!

この菜の花は健康を作るためには、

欠かせない野菜なんですよ。

知ってました?

美肌にもよい栄養素がたくさん含まれているので、

ぜひたくさん食べてもらいたいですね。

今回は、菜の花の栄養や効能、効果の他に、

菜の花のより良い食べ方もご紹介したいと思います。

菜の花の主な栄養素と効能は?

菜の花の栄養や効能?がん予防やダイエット向けの効果のある成分とは?

菜の花はヨーロッパ原産の植物で、

菜の花の葉やつぼみを食用とする「和種なばな」と、

茎葉(けいよう)を食用とする「洋種なばな」の二つがあります。

花が咲くつぼみの状態の菜の花はとてもおいしく、

つぼみの部分がとても栄養が豊富なんだそうで、

健康と美容にはもってこいの食材だといわれています。

菜の花はとてもヘルシーなのが特徴。

100グラム当たりでみると・・・

・33カロリー

・タンパク質は4.4g

・脂質0.2g

・炭水化物5.8g

・食物繊維4.2g

ほど含まれています。

ビタミンミネラルも豊富で、

食べるだけで健康的な体になれます。

菜の花のビタミンCは、

野菜の中でもずば抜けて多いため、

栄養価の高い野菜です。

菜の花の効能

そして菜の花の効能ですが、

たくさんあるのでまとめてみました。

● 食物繊維が豊富

便秘改善に効果があり、

体内での無駄なものをためこまないのが特徴です。

● ガン予防

菜の花の蕾にはグルコシノレートというものが、

たくさん含まれており、噛むことで、

辛み成分のイソチオシアネートに変化します。

(イソチオシアネートは次の項目で詳しくご紹介します)

この辛み成分のイソチオシアネートには、

がん細胞の発生を抑え、

血液をサラサラにしてくれる働きがあります。

● 貧血予防

葉酸などが他の野菜に比べとても豊富です。

● 美肌効果

ビタミンCが豊富でコラーゲンの育成や、

メラニン色素の育成を抑制し、

カロテンは体内でビタミンAに変わり、

皮膚の粘膜形成を助ける働きがあります。

などたくさんのすごい効能があることがわかりますね。

これだけ食べるだけで得をする野菜はあるのか、

というくらい魅力的な野菜です!

スポンサードリンク

イソチオシアネートとは?

先ほども少しご紹介したイソチオシアネートですが、

菜の花の辛み成分でアブラナ科の植物に多く含まれています。

がんになる前の細胞を増加を抑え、

発がん性物質の働きを予防します。

この辛み成分は元々は虫食いから身を守るために、

植物が独自で生み出したものでしたが、

ガンからも守ってくれることが最近では大きく注目されています。

他にも血液を綺麗にしてくれる効果などもあるんです。

血液不足で起こる血行不良(冷え性、肩こり、頭痛など)の、

解消が期待できます。

風邪などの予防にも効果があるみたいなので、

風邪気味の際の食べるのも、

早く回復が見込まれていいと思います。

ケンフェノールにダイエット効果が!

菜の花の栄養や効能?がん予防やダイエット向けの効果のある成分とは?

菜の花を食べたときに少し苦みがあると思いますが、

実はあの正体はケンフェノールと呼ばれるものです。

これは体内のエネルギー代謝を促進し、

脂肪燃焼を促す効果があり、

ダイエットには最も適しているといわれているものです。

体内に余計なものをためこまないようにし、

溜まった毒素などを体外へ排出したり、

燃焼させることも分かっています。

血行の流れをスムーズにすることによって、

冷え性や肩こりなども解消され、

免疫力を高める効果もあるそうです。

女性にはとてもうれしい効果ですね。

菜の花の効果的な食べ方は?

菜の花の栄養や効能?がん予防やダイエット向けの効果のある成分とは?

菜の花の食べ方次第でさらに美肌効果アップが望めます。

その方法をご紹介したいと思います。

1.  油脂と一緒に炒める

ビタミンCは水溶性なので茹ですぎたりすると、

栄養素が逃げ出してしまうので、

素早く炒め油脂と一緒に食べることで、

カロチンの吸収率を高めることが出来ます。

2.  苦みをやわらげる胡麻和えで食べる

胡麻にはビタミンEが含まれており美容成分が豊富です。

一緒に食べることで苦みが抑えられ、

美味しく食べることが出来ます。

さっとゆでて、ごま油をプラスして食べることで、

1の油脂も一緒にとれ、一石二鳥です。

3.  炭水化物と一緒に食べる

まぜご飯などにも合う菜の花ですが、

いろどりや、味も栄養価も一気に高まるのでおすすめです。

美容効果の他にも、がん予防などにも菜の花は効果があると、

お話ししましたが、とにかく熱をあまり加えすぎず、

1、2、3の食べ方以外にも、

おひたしにしたりするといいそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、菜の花の栄養と効能や効果についてまとめてみました。

意外と知らなかった菜の花のあれこれでした。

季節限定の食材として知られる菜の花ですが、

最近では栽培技術が進歩し、春の時期以外でも、

食べられることも多くなってきたようです。

この機会に菜の花を食べて、

今までの食生活を見直してみる、

というのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク
菜の花の栄養や効能?がん予防やダイエット向けの効果のある成分とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

奥さん・子供・かわいい犬の父親をやっています^^。 毎日の生活の中で、実際に子供からの突然すぎる質問や、聞かれて困った事をそのまま記事にしたり、好きな事を書いています。