潮干狩りのあさりの栄養?効能や効果は?タウリンのものすごい働きとは?

潮干狩りのあさりの栄養?効能や効果は?タウリンのものすごい働きとは?
スポンサードリンク
この記事の所要時間: 610

潮干狩りのあさりにどんな栄養があるの?

タウリンって何?体にいいの?

こんな疑問をお持ちの方いませんか?

子供から大人まで大好きなアサリですが、

みなさんは普段みそ汁や酒蒸しなどとして、

日常的に食べていますよね。

あさりは二日酔いにいいとよく言われ、

お酒を飲んだ後はアサリの味噌汁を飲む人も、

多いのではないでしょうか。

潮干狩りに行ったり、スーパーで安売りしてて、

多く買いすぎて晩御飯はアサリ尽くし!と、

意気込んでたくさん食べてしまいがちですが、

実はあさりは食べ過ぎると、

健康を害するって知っていましたか?

上手く、適量食べれば健康で、

いきいきとした体を保てるのでおすすめです。

今回はあさりの効能や効果やタウリンの事、

また気になるあさりの食べてもいい適量を、

ご紹介したいと思います。

あさりの主な栄養素と効能は?

潮干狩りのあさりの栄養?効能や効果は?タウリンのものすごい働きとは?

あさりはカルシウムやカリウム、亜鉛など、

ミネラルが豊富に含まれています。

ビタミンB12や、タウリンも多く入っており、

栄養満点の食材です。

簡単にアサリの栄養素をまとめてますと・・・

● 鉄分 3.8 mg

● カルシウム 66 mg

● カリウム 140 mg

● 亜鉛 1.0mg

他にもマグネシウムナイアシンも多いとされています。

栄養素が豊富なあさりは貧血予防効果があります。

貧血には何種類か種類があるようですが、

特にあさりには鉄欠性貧血に効果が抜群だそうです。

この鉄欠性貧血は、血液中の赤血球やヘモグロビンが、

正常値より低い状態になることを言います。

ヘモグロビンは鉄分を必要として作られるため、

鉄分やミネラルを多く含むあさりを食べるだけで、

貧血予防が出来るというわけです。

他にも・・・・・

・ むくみ解消を助けたり、

・ 高血圧予防、

・ 生活習慣病を予防する

などの効果もあさりにはあるのです。

ちなみに鉄分は生で食べるより、

佃煮にしたほうが鉄分量が約3倍も、

多くなるんだそうです。

疲労回復や肝機能回復させるタウリンとは?

潮干狩りのあさりの栄養?効能や効果は?タウリンのものすごい働きとは?

テレビやCMでタウリンなどと聞いたことはありませんか?

あさりにはこのタウリンがとても豊富に含まれています。

春にはタウリンの含有量が最も多くなり、

100㎎あたり210g~420㎎も含まれているのです。

イカやタコなどにもこのタウリンは多く含まれているのですが、

比にならないほど、あさりにはタウリンが多く含まれているのです。

タウリンの効果とは?

タウリンとはいったい何なのかと言いますと、

このような効能などがあるんです。

簡単にまとめます。

疲労回復効果がある!

1 脳疲労回復

神経の伝達をよくし神経細胞を増やし、

記憶力アップや集中力アップに繋がります。

2 精神疲労回復

不安や日頃のストレスを少なくし、

リラックス効果を発揮します。

3 不眠などになりにくい

脳をリラックス状態にするので、

睡眠時の興奮などを解消し不眠になりにくくします。

4 体全体の疲労回復

コレステロール低下や病気の予防などもしてくれます。

仕事で疲れている体を回復させてくれる効果があります。

肝機能回復効果がある!←酒飲みには重要!

タウリンは肝細胞の働きを再生し肝機能を強めてくれます。

肝臓の機能が弱くなってくると体は疲れやすくなってきます。

たまった老廃物や有害物質、アルコール分解を、

助けてくれて働きもあります。

肝臓は体の醍醐味ともいわれる臓器なので、

肝臓がいい状態だと疲れもたまらなくなります。

そして疲労回復に繋がっていくのです。

二日酔いの日やどうしても休めないけど、

仕事がまってるというおつかれの日に摂取すると、

回復もはやく一日頑張ることが出来ます!

スポンサードリンク

あさりの食べ過ぎに注意することは?

栄養素がたっぷりなアサリですが、

食べ過ぎると栄養のバランスを崩してしまう恐れがあります。

あさりなどの貝類の鉄分は、

体全体に吸収しやすいヘム鉄という鉄分が、

多く含まれています。

ヘム鉄が肝臓に多く溜まってしまうと、

肝細胞が壊れてしまいやすくなってしまいます。

毒性の強いラジカルという物質を作り、

肝がん発生につながりやすくもなります。

多く食べ過ぎてしまうと、

鉄分が血液に流れ出してしまうこともあります。

血液中に流れ出した鉄分は、

酸化しようとして活性酸素を出し、

生体分子に傷をつけてしまいます。

この活性酸素というものは、

老化を招く原因の物質です。

活性酸素が増えると老化原因になり、

体全体に老化をあたえてしまうのです。

あさりの食べてもよい適量とは?

潮干狩りのあさりの栄養?効能や効果は?タウリンのものすごい働きとは?

そこであさりはどのくらい食べてもいいのでしょうか。

鉄の取り過ぎは様々な体にとって、

負担になることばかりです。

一日の摂取量を超えないように、

食べれば逆に健康に繋がるのです。

厚生労働省が発表している摂取基準は、

成人男性は7.0~7.5㎎、

成人女性は10.5㎎までとされています。

女性のほうが摂取量がおおいのは、

生理が関係しているようです。

あさりの一日に食べられる量は、

男性は200g、女性は270gほど、

食べてもいいということになりますね。

個数でいえばだいだい20~40個ぐらいなら大丈夫です。

多くアサリが手に入り、食卓に出す際には気をつけてください。

でも意外と結構な量を食べても大丈夫なので驚きですね。

まとめ

いかがでしょうか。

今回は、あさりの栄養と効能や効果についてと、

タウリンのものすごい働きについてお伝えしました。

潮干狩りの知っておくといい記事もいかがですか?

あの小さな貝の中に、こんなにも栄養が、

豊富に入っているなんてお得な感じがしますよね。

お酒を飲まれる方や、生活習慣が乱れている方などは、

おつまみにしたりあさりを佃煮にして、

ごはんと一緒に食べてみる習慣をつけるのも、

いいかもしれないですね。

くれぐれも食べ過ぎには注意して健康な生活を送りましょう!

スポンサードリンク
潮干狩りのあさりの栄養?効能や効果は?タウリンのものすごい働きとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

奥さん・子供・かわいい犬の父親をやっています^^。 毎日の生活の中で、実際に子供からの突然すぎる質問や、聞かれて困った事をそのまま記事にしたり、好きな事を書いています。