門松の飾りの意味は?飾る時期などはいつ?処分方法は?

門松の飾りの意味は?飾る時期などはいつ?処分方法は?
スポンサードリンク
この記事の所要時間: 549

門松を飾る意味は何だろう?

飾る時期はいつ?

飾った後はどう処分するの?

こういう疑問をお持ちの方いませんか?

毎年、正月に飾る一つとして、門松がありますが、

飾りの意味まで知っている方は少ないのではないでしょうか。

ちなみに、門松の意味や由来についてはこちらをご参照ください。

せっかくですから、門松を飾るのに飾るタイミングや、

そのあとの処分方法も知っておきたいところ。

今回は、門松を飾る際の飾り物の意味や、飾る時期

処分の方法も一緒にお伝えします。

これで、あなたの家にも喜んで神様が来てくれるはず!

門松の飾りの意味は?

門松の飾りの意味は?飾る時期などはいつ?処分方法は?

門松はまず門の前に飾られるお正月飾りといわれるものです。

左側の門松のことを「雄松」、右側を「雌松」と呼びます。

門松は、神様が下界に降りてきた時の目印になるようにと、

かざられるものです。

昔は、木を採ってくるにも、決まりがありました。

門松は松、竹、梅が基本的な構成となります。

その他にも現在では、様々な飾りが用いられているのですが、

今回は松、竹、梅の他にも最近では主流になっている飾りについて、

くわしく説明していきたいと思います。

● 松

松は、一年中葉を落とさないことから「永遠の命」と呼ばれ、

古代から年神様が宿る木とされ長寿の証ともされています。

門松で使用されるのは黒松(雄松)が一般的です。

黒松の中でも若々しい1mくらいの若松と呼ばれるものが、

門松として使用されるのに好まれています。

● 竹

竹は成長がはやく、三日で背の丈ほど伸びまっすぐ上に伸びていくことから、

生命の象徴とされています。

長寿などの意味も含まれているそうです。

竹は成長の過程で節目を作りながら伸び、

雨風にも大変強い姿から人生の節目にもたとえられています。

詳しく言うと、七五三などです。

人生の節目をどんな苦難があっても強く生きていくという例えで、

竹が使用されています。

● 梅

梅は、寒さから強いことで有名ですが花の中では、

最もはやく花を咲かせる花樹です。

新春は一年のはじまりを表しているので、

花の中で最も早く花を咲かせる梅に重ね合わせたのが始まりです。

正月はめでたい紅白色の紅梅、白梅を用いることが一般的です。

● 南天(なんてん)

赤い色の実をつける南天は、難点に通じる縁起物とされ、

正月飾りの一部に用いられるようになったそうです。

枝を使うのが多いようですが、

縁起物なので実ごとつけている家庭もあります。

● 葉牡丹

牡丹は重なり合って花を咲かせることから、

「いいことが重なる」とされ、

江戸時代から楽しまれていました。

紅白を意識し、赤と白の牡丹で門松のお正月飾りとして、

使用されるようになりました。

● 蘭、菊

中国の水彩画の世界で、とても上品で高潔な花の姿から、

君子に例えられ四君子と呼ばれるようになった蘭、菊は、

縁起の良い花だとされています。

● 椿

一見、椿は首からぼたりと一気に落ちるため、

縁起物ではないのではないかと言われていますが、

最近になって真冬に美しい花を咲かせることから、

南天と同様に赤い実ではないものの、

赤い椿は吉を招くとされ、

お正月にはとても縁起の良い花として、

飾られるようになりました。

このように梅、竹、松以外の飾りにも、

様々なめでたい意味がこめられていたのですね。

飾るだけでなんだかいい気分でお正月を過ごせますよね。

門松を飾る期間や時期はいつ?

門松の飾りの意味は?飾る時期などはいつ?処分方法は?

飾るタイミング

門松を飾る日は12月13日以降からとされています。

13日以降であればいつ飾ってもかまわないです。

しかしあまり早すぎても、

クリスマスも終わってないのにお正月飾り?と、

周りから見た場合なってしまう可能性が高いので、

クリスマスが終わった後、

26日~28日から飾るのがいいと思います。

飾る期間

そしてこの門松いつまで飾っておくのかといいますと、

松の内と呼ばれる期間内は飾っておくことが原則なので、

松の内が終わる1月7日まで飾っておかなければならないそう。

地方によっては小正月と呼ばれ、

1月15日が本来の松の内なので、

16日からは飾りを外してしまうところもあるようです。

しかし一般的に見た場合は、

7日までということになりますので、

それ以降に片づけをするのが無難だと思います。

スポンサードリンク

門松を飾ってはいけない時期は?

実は門松を飾ってはいけない日というのがあります。

12月29日は29という語呂が二十苦ということもあるし、

9のつく末日であるため苦を待つとされています。

ちなみに19日は大丈夫なので、

気にしないで飾っても大丈夫です。

また12月31日は一夜飾り、一日飾りと呼ばれ、

歳神様をおろそかにするといわれているため、

飾るのは控えたほうがいいのだそうです。

ちなみに12月30日も、大晦日の前の日ということで、

あまり好まれてはいないようなので、

別な日にちで飾るのがベストですね。

門松の正しい処分の仕方は?

門松の飾りの意味は?飾る時期などはいつ?処分方法は?

正式な処分の仕方は、

近所の神社に持っていくという方法です。

1月15日に行われる「どんと焼き」、「お焚きあげ」で、

焼いてもらうのがいいと思います。

しかし一概に15日ではなく、

神社にも日にちは異なるので、

電話で確認したほうがいいですね。

神様をお迎えする神聖なものなので、

最後までこういう形で処分するのが、

神様にも礼儀だという考えなようです。

1月7日以降にお正月飾りを外し、

どんと焼きやお焚きあげの日を近くの神社に確認し、

その日が来るまで紙に包み保管しておきます。

仕事柄や、どうしてもいけない場合は、

自分で処分するというやむえない形になることもありますが、

この場合は一般ごみとして出しても問題がないので、

ごみとして処分しましょう。

この際、塩でお清めしたほうがいいそう。

ちなみに燃えるゴミで大丈夫なようですが、

不安な場合は電話したりして確認しましょう。

まとめ 

いかがでしたでしょうか。

今回は、門松の飾りの意味や飾る時期と処分の方法について

お伝えしました。

門松に飾る物にもちゃんとした意味があるとは、

気づきませんでした。

飾る時期や処分のタイミングも、

その地域や神社に適した時期がありますので、

しっかりと確認をしておきましょう。

そして、神様を我が家に気持ちよくお迎えしたいですね。

スポンサードリンク
門松の飾りの意味は?飾る時期などはいつ?処分方法は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

奥さん・子供・かわいい犬の父親をやっています^^。 毎日の生活の中で、実際に子供からの突然すぎる質問や、聞かれて困った事をそのまま記事にしたり、好きな事を書いています。