鏡餅の意味や由来は?簡単な子供への説明は?

鏡餅の意味や由来は?簡単な子供への説明は?
スポンサードリンク
この記事の所要時間: 514

鏡餅って何?

どうして鏡なの?

子供から、聞かれたらちゃんと答えられますか?

お正月の飾り物といえば、しめ飾りや門松などがありますが、

一番最初に頭に浮かぶのは「鏡餅」ではないでしょうか。

でもなんでそういえば鏡?

なんでお正月に飾らなくてはいけないの?

など疑問が浮かんできますね。

今回は、そういった鏡餅の意味や由来について、

ご紹介したいと思います。

お年玉とも関係があるので、

お子様にぜひ説明してあげましょう!

お子様に簡単に説明する方法も紹介していますので、

参考にしてみてください。

鏡餅の意味や由来は?

鏡餅の意味や由来は?簡単な子供への説明は?

まず鏡餅とは・・・・

お正月前に玄関や神棚などに備えるお餅のことで、

丸く平たく大小異なるお餅を重ねたのが特徴です。

そしてこの鏡餅は、どうして神棚に飾るのか、

またどうしてお正月目前に飾るのかということをお伝えします。

日本では昔から年が明けて、新しい年がくると、

神様が訪れるという神話があります。

そのときに神様をお迎えするお供え物として、

鏡餅が飾られたのが始まりだそうです。

なんでお餅をお供えするようになったかといいますと、

まん丸いあの形は神様が宿るという鏡に、

形がそっくりだったからだと言われています。

神様にお供えしてから食べるお餅なので、

祝福や恩恵をうけられます。

鏡餅が丸い形で重ねられている理由ですが、

丸い形は夫婦円満を表し、

重ねられている姿は、
一年をめでたく重ねる、

といった意味が込められています。

鏡餅がなぜ二段になっているかといいますと、

二段のお餅は月と太陽を表しており、

円満に年月を重ねることを指しています。

こういした細かいところにも、

ちゃんんとした意味があるなんて驚きですね!

ただ何となくお正月だから飾るという方も、

多かったのではないでしょうか。

鏡餅の意味を話すといい子になる?

鏡餅の意味や由来は?簡単な子供への説明は?

子供にとって鏡餅の意味を知ることは、

かなりのメリットがあります。

その理由は、鏡餅にはお年玉としての意味もあるからです。

お正月に神様を迎えおもてなしをする際に、

鏡餅を使うのは先ほどお話ししました。

神様から幸運の魂をいただくことを「お年魂」といっていました。

昔は、鏡餅を家の大黒柱にあたる人が割って、

神様が宿るとされている鏡餅を餅玉として、

家族に与えていました。

これが現在のお年玉(お年魂)をもらう儀式へと

発展していったそう。

お年玉には「神様の御魂」という意味がこめられています。

現在では当たり前のように、

お正月=お金をもらえる、という考えですが、

お年玉は鏡餅から始まったのがきっかけということを、

説明することで、お正月にお金をもらうことに、

納得とお金の大切さを知ることが出来ると思います。

子供のうちからお金のありがたみがわかると、

お年玉の使い方も変わってくるんじゃないでしょうか。

スポンサードリンク

子供への伝え方は?

お子様への伝え方ですが、

こんな感じで説明するといいと思いますよ。

下記分参考にしてみてください。

「鏡餅っていうのはね、新しい年が始まるのと一緒に、

神様も来るんだけど、そのときに、

神様にどうぞって差し出す食べ物のことだよ。

なんで丸い形をしてるのかというとね、

昔、神様が丸い鏡がとても気に入って、

その鏡に住み始めちゃったのがきっかけなんだよ。

(↑宿るをわかりやすくいったものの例えです)

今も同じように、鏡じゃないけどお餅で丸い形を表しているんだよ。

神様に来年もどうぞ幸せでいれますようにって、

お願いしながら飾ろうね。

あとはこの鏡餅は、お年玉の意味も持ってるんだよ?

鏡餅は神様へのお供え物だよね。

飾った後にそれをもらうことを昔は“お年魂”と言っていたんだよ。

今ではお餅じゃなくて、

お金になってお年玉って呼ばれているけどね。」

こんな感じで伝えてあげてください。

飾りの意味などは説明しなくてもいいと思います。

● 神様が年を明けると一緒に訪れる際の、

  お供え物だということ。


● 神様に鏡餅をお供えしてから、

  神様から「お年魂」をもらうこと。


が分かればいいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、鏡餅の意味や由来についてと、

簡単な子供への説明の仕方をお伝えしました。

簡単にまとめますと・・・・・

● 鏡餅の由来

昔から年が明けて、新しい年がくると、

神様が訪れるという神話があり、

そのときに神様をお迎えするお供え物として、

鏡餅が飾られたのが始まり。

● 意味

丸い形は神様が宿るという鏡に似ており、

神様にお供えしてから食べるお餅なので、

祝福や恩恵をうけられると信じられていた。

● 鏡餅が丸い形で重ねられている理由

丸い形は夫婦円満を表し、重ねられている姿は、

一年をめでたく重ねることを指す。

● 鏡餅 = お年玉

神様から幸運の魂を頂く事 = 「お年魂」。

家の大黒柱にあたる人が鏡餅を割って、

神様が宿るとされている鏡餅を餅玉として、

家族に与えていた。

⇒ これが現在のお年玉(お年魂)をもらう慣習へ

発展していった。

鏡餅を飾らなくてはならないことは知っていましたが、

こんな意味があったなんて驚きですね。

また、お年玉としての意味があるのは、さらに驚きました。

鏡餅の話をすることで、当たり前を当たり前だと思わない心を

作っていければいいですね。

お年玉については、こちらもご参照ください。

お年玉の意味や由来は?子供に簡単に伝えるには?

お年玉の相場はいくら?渡す際のマナーはあるの?

今年のお正月は、こういった意味を感じながら飾ると、

よりいっそういつもとは違う気分にはなるのではないでしょうか。

ぜひ良いお正月をお迎えください!

スポンサードリンク
鏡餅の意味や由来は?簡単な子供への説明は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

奥さん・子供・かわいい犬の父親をやっています^^。 毎日の生活の中で、実際に子供からの突然すぎる質問や、聞かれて困った事をそのまま記事にしたり、好きな事を書いています。