レゴランドお台場(東京)の混雑時のお役立ちポイント11個!

スポンサードリンク
この記事の所要時間: 748

レゴランドはどのくらい混むのかな?

いつが空いているのかな?

どんな感じだろう?

レゴランドに行くにあたり、

こういう疑問を持った方いませんか^^?

お子様をお持ちの方なら、一度は行ってみたいと

思っている方いますよね^^?

普段の週末、祝日や連休、春休み、GW、夏休み、冬休みしか

行けない方が多いと思います(+o+)。

先に結論だけを書きますと、平日以外は混んでいます^^;!!!

筆者もちょうど先日、お台場にある、

レゴランドディスカバリーセンター東京(LDC)に

行ってきまして、その際にちょっと思った事が

あるのでまとめてみます。

メインは子供です^^。

子供を連れて出かけるときは、色々起こったり、

時間がかかったりと大変です。

今回は、混雑時期に行く時の注意点や少しでも

混雑に役立つアイデアをまとめてみます^^。

せっかく行くのですから、少しでもたくさん遊んで、

子供も大人も満足して過ごしたいですよね。

ちなみにここでは、レゴランド自体の詳細は、

ホームページでも確認できますので、割愛します。

混雑時におけるお役立ちポイント!

入口が分かりずらい

はじめてレゴランド東京に行かれる方、まずは入口に

注意してください。

レゴランド東京は、デックス東京ビーチの建物の中にあります。

それゆえ、大きな看板で入口があるわけでもなく、

建物の一部のテナントとしてレゴランドが入っているため、

入口は至って普通です。

筆者は間違って、ジョイポリスの入口に

入ってしまいました・・・^^;。

皆様、気をつけましょう!

時間のロスにも繋がります^^;。

午前中に出来れば行きたい

なぜ、午前中かというと、休む場所がなくなるからです。

その休む場所?椅子のあるところが、フードコートになります。

午前中の遅くとも11時までには、中に入って、

座っていたいです・・・。

ちなみに、椅子取りの為に荷物を置いておくことは、

館内の案内でも禁止しております。

まぁ大体、親御さんが座っていますけどね。

フードコートは混雑

はい、昼前の11:30以降になると、椅子も埋まり、

ランチタイムに突入します。

お店で売っている物は、おにぎり、サンドイッチ、

甘い物、パン、スナック、飲み物が売られています。

購入するにも並び、時間もかかるため、

椅子を確保したら、念のため先にランチを購入しておきましょう。

お昼食べるまでは、子供達を少しは放し飼いに

出来ると思います^^;。

プレイゾーンについて

ちょうど、フードコートの目の前にあるプレイゾーンですが、

ここで子供達は、ものすごく遊んでいます!!

ここで、子供達を放し飼いにします(笑)。

フードコートでは、親がゆっくりしながら、

子供を確認できますし、子供も、何かあれば

すぐに親元へ行けますから、非常にいい場所にあります。

なので、フードコートが混んでしまうのですが・・・・。

子供達は、気にせず全力で遊んでいます。

ただ、注意として、メガネをかけているお子様は、

遊べないので、その日だけは、コンタクトを使用するなど

考えないといけません。

もしくは、メガネをはずしてなら、遊べます^^。

もちろん、コンタクトも安全とは言えませんが注意が必要です。

ワークショップはおすすめ

このワークショップ、オススメです!

ぜひ、お子様に受けさせてあげてください。

時間は、確か1時間弱ですが、どの子供達も

真剣に先生の話を聞きながらレゴを作っていました。

ちなみに、ワークショップの先生が、大澤よしひろさん。

今のところ、世界に12人しかいないレゴ職人です。

そんな人から教えてもらえるなんて、羨ましいです^^。

チケットは前売りを購入しよう

はい、これは、必須です\(^o^)/。

なぜなら、

◆ 当日券より安く買える

◆ 入場時間を予約できる

からです。

入場時間を予約できるのがポイントですね。

空いている時期なら、全く問題ありませんが、

混雑する時は、かな~り入場するまで

待たないといけません。

今回、前売りを購入し、時間も10:30で予約しておきながら

実際に中に入場できたのは、30分後位でしたので、

結構時間はかかる事を覚悟しておいてくださいね。

食事について

フードコートで販売している物は、

軽食みたいなものです。

レゴランドは、持ち込み禁止です。

ただ、お子様によっては、アレルギーをお持ちの方もいると思います。

筆者の子供も持っているので、念のため、事前に確認して

持って行きました。

よくあるお問い合わせ

⇒レゴランドのホームページに移ります。

こちらにもアレルギーの件は書いてありますので

問題ないと思います。

事前に電話などで施設に確認する事をお勧めします。

アンケートについて

アンケートに答えると、レゴランドのバッジが貰えると聞いたので、

やりまして、バッジを貰いました・・・・。

が・・・

そのアンケートが、筆者には長すぎました^^;。

およそ初めから終わりまで、10分弱ほどかかったと思います。

アンケートといっても、タッチパネル式のもので、簡単かなと思ったら、

大間違いで、結構、深く掘り下げられた質問でした。

さらにその機械が、1台しかないというのも微妙です・・^^;。

順番待ちで後ろに並ばれると、プレッシャーを感じます(笑)。

ちなみに、ご年配の方ですと、難しく感じるかもしれません。

画面にタッチして進めていくのですが、

意外に字が小さく見えた気がします。

もっと簡単なアンケートと思っていたいたので、

皆様もされる際には、ご注意を。

待っている子供達がイライラしそうです(苦笑)。

おみやげについて

出口を出ますと、そこには、子供達の笑顔や鳴き声が

交差するお土産が売られています^^。

もちろん、ほぼレゴブロックです。

筆者が思ったのは、アウトレットモールとかにある

レゴストアや、アマゾンなどでも安く買えるので、

正直、そこで買う必要はないのかなとも思いました^^;。

スポンサードリンク

頻繁に行くなら、年間パスポートがおすすめ

レゴランドの年間パスポート料金は、

一人当たり6000円。

詳細は、レゴランド東京のホームページで見て頂きたいのですが、

パスポートの特典も、

◆ 優先入場あり

◆ いつでも来場が可能

◆ 施設内のお買い物が、10%オフ

などが付いています。

仮に毎月一回はレゴランドに行ったとしても、

十分元が獲れるのではないでしょうか。

子供を連れてどこか行くとなると、

費用もそれなりにかかりますし、

時間もかかります。

それに、子供達が勝手に遊んでいられるので、

親も少しは、日ごろの子育てから、解放されて

リフレッシュ出来るかと思います^^;。

着換えがあるといいかも

プレイゾーンで動き回っている子供達、

ほぼ全員汗をかいてでも遊んでいます。

ですので、着換え用に肌着や、T-シャツ、簡単に体を

ふくタオルなどは、ぜひ持っていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、レゴランド東京(お台場)の混雑時に役立つポイント

まとめてみました。

子供は、昼ご飯以外は、ひたすら遊びまわり、

結局、5時間くらいレゴランドで過ごしました^^;。

何もしていないのに疲れましたね~。

規模自体は大きくありませんが、充実した時間を

過ごせたと思います。

◆ プレイゾーン

◆ ワークショップ(一回だけ)

◆ 4D映画館

◆ キングダムクエスト

◆ レゴレーサービルド&テストゾーン

◆ マーリン・アプレンティス

上記のアトラクションをひたすら遊んでいました^^;。

子供の体力は本当に底なしですね。

ぜひ一度レゴランド東京に、

遊びに行ってみてください^^。

レゴランド・ジャパンが名古屋にオープン!

日本では、唯一の屋外型レゴのテーマパークです。

一度、遊びに行ってみたいですね!

皆様の参考になれば幸いです^^。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

奥さん・子供・かわいい犬の父親をやっています^^。 毎日の生活の中で、実際に子供からの突然すぎる質問や、聞かれて困った事をそのまま記事にしたり、好きな事を書いています。