桜の開花予想の方法は?子供でも簡単に出来るよ!

スポンサードリンク
この記事の所要時間: 66

桜の開花予想はどうやって予想するの?
桜の見頃っていつのこと?

春の風物詩と言えば桜!

桜の木の下で散策やお弁当を楽しむお花見は、
春の楽しみの1つですよね。

しかし、春の楽しみなイベントにも関わらず、
あっという間に散ってタイミングを逃すことってありませんか?

「いつの間にか散っちゃったな」と
ゆっくり楽しむ暇もない人もいるでしょう><;。

桜を見逃さないために、桜の開花を予想してみてはいかがでしょうか。

今回は、子供でも出来る桜の開花予想の方法
調べていきます。

桜の開花予想の方法は?

桜 開花予想 簡単2

天気予報とともに発表される桜の開花予想は、気象庁によるもの。

複雑な計算に基づいているので、一般の人が同じように、
桜がいつ咲くかを予想するのは難しいのです。

しかし、天気予報で発表されるほど厳密というわけではありませんが、
大まかな目安として開花を予想することはできます。

その計算方法が「400℃の法則」と「600℃の法則」。

もう少し、詳しく見ていきましょう。

「400℃の法則」と「600℃の法則」とは?

そもそも桜は夏に花の芽が作られますが、
ご存知の通り桜は春に咲く花です。

夏に作られた花の赤ちゃんはすぐには咲かず、
休眠し、冬の寒さで覚醒します。

春に向かって気温が上がるにつれて、花の芽が成長するのです。

この桜の花が成長し、蕾が開くのに十分な温度となるタイミングを
計算したのが、400℃の法則と600℃の法則。

「400℃の法則」とは、2月1日から毎日の平均気温を合計し、
400℃に達した時点に開花するというもの。

10年間のデータからさかのぼっても、
毎日平均気温が400℃になった頃に桜が咲き始めています。

対して、600℃の法則とは、2月1日からの最高気温の合計が、
600℃に達した頃に桜が開花するという考え方。

最高気温は毎日の天気予報で必ず知ることができる情報ですから、
個人的に計算するなら600℃の方が簡単かもしれませんね。
子供でもこちらなら簡単に出来そうです!

その正確さはかなりのもので、2012年から2014年の3年間では、
600℃の法則で算出した桜の開花予想時期と、
実際に桜が咲いた日のズレは3日以内。

ただし、地域によってイマイチあてにならないこともあるので、
あくまでも目安として考えるようにしてくださいね。

桜の開花の基準とは?

天気予報で発表される桜の開花や満開は、
標本木の状態が基準となっています。

5輪ほど花を咲かせると、開花宣言が発表されます。

標本木とは、全国で指定されている、96箇所のソメイヨシノの木のこと。

基準が一定となるように、標本木は毎年同じものが指定され、
開花の基準が一定となるように考えられているのです。

地域によって、お寺や山の中のソメイヨシノが標本木と
なっていることもあります。

この場合も、開花する時期になると、
肌寒い中観測する人が足繁く通い、
蕾の様子を目で何度も確認。

毎年何気なくニュースで耳にする開花宣言も、
観測する人の苦労があってこそと思うと、
見方が変わってくるがもしれませんね。

ソメイヨシノと言えば代表的な桜の一種ですが、
開花の基準になる標本木には必ずソメイヨシノが指定されます。

実は、ソメイヨシノの主な増やし方は接ぎ木。
接ぎ木とはご存知の通り、土台となる木に枝を
人為的につなぎ合わせて増やす方法です。

雌しべと雄しべで種ができて増えるわけではないので、
青森県にあるソメイヨシノも、東京にあるものも同様のDNAを持つソメイヨシノ。

個体差が少ないので、気温などの地域的な状況によっての違いを
比較しやすいので、標本木として利用されているのです。

ただ、標本木となっているソメイヨシノが長い年月で
寿命が迫ってきているので、世代交代も進められています。

桜の開花予想時は何分咲きなの?

桜 開花予想 簡単

桜の開花予想時は、「いつ開花するか」を予想したものなので、
開花宣言がされるわずかに花を咲かせる時期のこと。

ここまで聞くと、「お花見はまだまだ先に計画すればいいや」
と思うかもしれませんが、桜はあっという間に満開になります。

お花見を考えるなら、できるだけ早い時期から計画した方がいいでしょう。

3分咲きや5分咲きを楽しみたい、といったような
こだわりがある場合はなおさらです。

因みに、桜の見ごろと言われる満開の時期は、厳密には8分咲き。

桜の1つ1つの寿命は短いので、終わりの方の花が咲いた頃には、
最初に咲いた花が散っています。

日本の桜の花の色は非常に薄いので、
花の数が少ないとただの白い花にしか見えません。

木全体の花うち7割から8割咲くと、花が密集し桜本来の色が見えるので、
満開や7分咲きが桜の最も美しい時期、と言われています。
スポンサードリンク

桜の見ごろとはいつの事?

では最後に、桜の見ごろについて見ていきましょう。

桜は開花宣言されてから、あっという間に散ってしまいます。
行こう行こうと思って、タイミングを逃してしまうことも多いですよね。

先ほども説明した通り、開花宣言がされる咲き始めから満開になるまでは、
地域差もありますがおよそ一週間と言われています。

ちなみに開花宣言から満開になるまでの期間は、
沖縄は2週間、北海道では5日と北上すればするほど
短くなる傾向にあります。

満開になってからは、これも好みによりますがおよそ1週間。
つまり、お花見が楽しめる期間はたった2週間しかありません。

一般的な週休2日制であれば、お花見がてきる日にちは4日です。

世のサラリーマンや学生が、「今年もお花見できなかった」と
ぼやくのは仕方ないことなのかもしれません。

ゆっくり桜を堪能したいと思う場合は、開花宣言から一週間~2週間以内
にはお花見の予定を立てた方が賢明です。

ただ雨や風でもあっという間に散ってしまうので、
天気とも相談しながらお花見を計画してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか^^?
今回は、子供でも出来る!桜の開花予想の方法について
調べてみました。

筆者も知らなかったのですが、意外に簡単に出来るんですね^^;。

簡単にまとめますと・・・・

Q: 子供でも出来る桜の開花予想の方法とは?
A: 「400℃の法則」と「600℃の法則」があるが、600℃の法則が簡単。

Q: 方法は?
A: 2月1日からの最高気温の合計が、600℃に達した頃に
   桜が開花するという考え方。

   毎日の天気予報で最高気温を足していくだけですから、
   600℃の方が簡単かもしれませんね。

Q: 桜の開花の基準とは?
A: 標本木の状態が基準となっている。
   標本木には必ずソメイヨシノが指定 
   5輪ほど花を咲かせると、開花宣言が発表される。

Q: 桜の満開時期は?
A: 満開の時期は、厳密には8分咲きをいいます。

Q: 結局何日間見れるの?
A: 開花してからおよそ14日間ほど。

桜のお花見は、本当に心が安らぎますし、
日本の素敵な行事の一つですよね^^。

お花見の意味や由来については、こちらが必読です!

桜のお花見の意味や由来は?簡単に子供に伝えるには?

2016.03.27
お花見の場所取り担当者必読!

桜の満開期間はどのくらい?何日間見ごろが続くの?

2016.03.28

ぜひ、皆様も素敵なお花見を楽しんでくださいね^^。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

奥さん・子供・かわいい犬の父親をやっています^^。 毎日の生活の中で、実際に子供からの突然すぎる質問や、聞かれて困った事をそのまま記事にしたり、好きな事を書いています。